チョコレート博物館:市販のチョコレート菓子と地方限定チョコ
トップページへ
メールはこちらまで
 
 


 
フラン再考


今回新発売の
「ふわっとカフェラテ」「香る森いちご」

ふわっとカフェラテ

香る森いちご


今回のモデルチェンジで、フラン全種類のパッケージ上部がメタリックな光沢を帯びた。
それと同時に新発売となったのが上掲の2種。「香る森いちご」は以前発売の「森いちご」の
改良版だが、「ふわっとカフェラテ」は初出。
同時期にライバル・ムースポッキーからもカフェ系が出ており、またしても競合する形となった。

いちご系・カフェ系、共に市販チョコでは失敗作が多いカテゴリである。
いちごでは香料・酸味・甘みのバランスの悪い例が多く、
カフェではコーヒーのコクとミルク・クリームの濃厚さがしつこさを感じさせることが多かった。

フランは軸となるビスケットにココアを入れ香ばしさを出し、
ショコラをホイップして口当たりを軽くすることでしつこさを緩和した。
いちごでは改良を明示して、より良質なバランスを追究している。
香料の妙な強さがネックとなっていたいちごチョコ界において、
香りを高めることが改良となりうるのは、フランの持つ地力を物語る。
いちごチョコの中でも根強い人気を持つ「(つぶつぶ)いちごポッキー」に
対抗する力を身につけたフランに今後も注目したい。

(2002年11月22日)



▲ ページトップに戻る ▲